育毛剤の医薬品と医薬部外品の違い

諦めないで!薄毛@悩み相談室~育毛剤やAGA治療で薄毛を改善しよう~

育毛剤に記載されている医薬品と医薬部外品の違いって何なの?

育毛剤の容器やパッケージをチェックすると、「医薬品」「医薬部外品」「薬用育毛剤」「化粧品」など、様々な表示がされています。

あなたはこれらの表記の違いの意味合いを理解していますか?

育毛剤は配合されている成分を薬事法に基づいて、使用方法や身体への有効性、副作用などの項目で細かく評価をして分類されています。

今回はこれらの分類の違いについて詳しく解説していこうと思います。


育毛剤の医薬品と医薬部外品の違い




医薬品


医薬品に関しては薬事法第二条第1項に下記のように定められています。


1)日本薬局方に収められている物

2)人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であつて、機械器具、歯科材料、医療用品及び衛生用品(以下「機械器具等」という)でないもの(医薬部外品を除く)

3)人又は動物の身体の構造、又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であつて、機械器具等でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く)



つまり、医薬品とは、病気の「治療」を目的とした薬のことです。厚生労働省より配合されている有効成分の効果が認められたものです。

医師が処方するもの(医療用医薬品)もあれば、ドラックストアなどで購入することもできる大衆薬(OTC)も存在します。

医療用医薬品の育毛剤としては、『プロペシア』『ミノキシジル』が有名ですね。


医薬品




OTC医薬品


処方せんがなくても購入できるOTC医薬品に関しては、大きく「一般用医薬品」「要指導医薬品」に分類されます。要指導医薬品に関してはインターネット販売は禁止されていて、店頭販売のみとなっています。

そして一般用医薬品にはリスクの度合いに応じて3つ(第1類、第2類、第3類)に区分されています。

それぞれの区分に応じて、販売時の陳列や薬剤師等の専門家の関わり方、情報提供の仕方などが異なります。


第1類医薬品


ドラッグストアなどで自由に手に取ることができない場所(支払いカウンターの奥など)に陳列されています。

薬剤師からの指導や文書で情報提供を受けてから購入することができます。第1種医薬品の育毛剤としては、大正製薬から発売されている『リアップX5プラスローション』が有名です。

リアップX5プラスは医薬品成分ミノキシジルが5%配合されている国内唯一の発毛剤として認められている商品です。

病院でAGA治療を受ける際に処方されるミノキシジルが配合されているということでドラッグストアなどで購入する際にも薬剤師の手から販売される仕組みになっています。

指導や説明を受けるのは最初の購入時のみで、使用中に身体に異変が現れていない場合は説明なしでリピート購入することができます。

リアップX5プラスは発毛効果が高い育毛剤です。実際にリアップX5プラスを被験者に52週間にわたって長期投与した臨床データでは、24週間後(約6ヶ月)には「軽度改善」「中等度改善」「著明改善」をあわせて、実に9割以上の被験者に薄毛の改善が見られました。

その一方で副作用が現れることがあります。主な副作用としては頭皮の発疹や赤み、痒み、かぶれ、フケなどです。その他にも頭痛やめまい、胸の痛み、心拍が早くなるなどの症状が現れるケースもあります。

もちろん副作用はごく一部の方にしか現れませんが、万が一上記の副作用が現れた場合は使用を中止して医師の診断を受けて下さい。

リアップX5プラスローション

⇒ リアップX5プラスローションの詳細ページ



第2類医薬品


薬剤師や登録販売者が情報提供に努めなければいけないとされている医薬品です。

田村治照堂の『ハツモール』や第一三共ヘルスケアの『カロヤンS』などが有名です。



第3類医薬品


薬剤師や登録販売者による情報提供の義務はありませんが、薬の使用方法などについて疑問があれば説明を受けてください。

第一三共ヘルスケアの『カロヤンプログレEX』『NFカロヤンアポジカΣ』などが有名です。

カロヤンプログレEXは有効成分カルプロニウム塩化物が2%配合されていて、頭皮や毛根における血行促進作用を高める効果が期待できる育毛剤です。

カロヤンプログレEXにはオイリータイプとドライタイプの2種類が用意されています。あなたの頭皮タイプに合わせて適切なタイプを選択してください。


カロヤンプログレEX

⇒ カロヤンプログレEXの詳細ページ


OTC医薬品のリスクに関しては、第3類 < 第2類 < 第1類 < 要指導医薬品の順番に高くなっています。




育毛剤の医薬品と医薬部外品の違い




医薬部外品


医薬部外品に関しては、薬事法第二条第2項で下記のように定められています。


「医薬部外品」とは、次に掲げる物であつて人体に対する作用が緩和なものをいう。

1)次のイからハまでに掲げる目的のために使用される物(これらの使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く)であつて機械器具等でないもの

イ:吐きけその他の不快感又は口臭もしくは体臭の防止
ロ:あせも、ただれ等の防止
ハ:脱毛の防止、育毛又は除毛

2)人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみその他これらに類する生物の防除の目的のために使用される物(この使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く)であつて機械器具等でないもの

3)前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物(前二号に掲げる物を除く)のうち、厚生労働大臣が指定するもの



医薬部外品とは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が一定の濃度で配合されている商品です。

そのため、治療というよりは「防止・衛生」を目的に作られていると言えばイメージしやすいと思います。

育毛剤においては医薬部外品としてして指定されている商品が一番多く、『濃密育毛剤BUBKA』『チャップアップ』『ポリピュアEX』『M-1育毛ミスト』など、さまざまな商品が存在しています。

また、育毛剤の中には「薬用育毛剤」と記載されている商品もあります。この「薬用育毛剤」とは、医薬部外品の意味合いとなります。


チャップアップ
(チャップアップ)





化粧品


化粧品に関しては薬事法の第二条第3項で下記のように定義されています。

化粧品とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。

ただし、これらの使用目的のほかに、第一項(医薬品の定義)第二号又は第三号に規定する用途に使用されることもあわせて目的とされている物及び医薬部外品を除く。



石鹸やシャンプー、スキンケア用品、メイク用品などの商品が「化粧品」に分類されているケースが多いですね。

医薬部外品として販売するためには厚生労働省によって定められた範囲内の成分を決められた濃度で配合しなければいけません。

これらの所定のルールを守って申請をして、審査をクリアすることで医薬部外品として販売することが可能になります。

医薬部外品として認められることで商品に「薬用」「育毛剤」という表記をすることが可能になり、育毛効果をアピールすることができます。

しかし医薬部外品には配合する成分の量に制約があります。


化粧品に分類される育毛剤


「化粧品」の分類は2001年の規制緩和によって厚生労働省の許認可が不要となり、メーカー各自の判断で開発できるようになりました。(※ただし、含有できない成分などは厳しく定められています)

育毛剤の中にはこの「化粧品」に分類されている商品も存在します。ユーピーエスから発売されている『フィンジア』やエスロッソから発売されている『BOSTONスカルプエッセンス』などが挙げられます。

フィンジアに最新スカルプ成分のキャピキシルが配合されています。このキャピキシルは厚生労働省では医薬部外品の成分としては認可されていません。そのため、化粧品として分類されているのです。

キャピキシルとピディオキシジルの2大成分とカプサイシンを組み合わせるSPEテクノロジーによって、毛穴から育毛成分をしっかりと届けることができます。


フィンジア

⇒ フィンジアの詳細ページ





医薬品と医薬部外品、化粧品の違い


育毛効果においては基本的に『医薬品 > 医薬部外品 > 化粧品』の順に期待できます。しかし上述しているように最新の育毛成分が配合されている化粧品に分類されている育毛剤の中には医薬部外品に匹敵するような効果がある商品も存在しています。

もちろん育毛効果だけでなく副作用のリスクも考慮しなければいけません。

副作用などのリスクに関しては医薬品の方が高くなり、医薬部外品や化粧品の方が安心して使用することができます。

また、育毛剤の効果に関しては利用者の体質や症状によっても個人差があるので、他の利用者が効果があったのに、自分には効果がなかったというケースも見受けられます。

そのため、あなたの体質や症状に適した育毛剤を見つけることが薄毛の悩みを解決するために大切なことだと言えます。


育毛剤の効果







髪の毛のボリュームがなくなってきたり、頭皮の地肌が目立つようになってきたら要注意です。

もしあなたが薄毛の症状に悩んでいるのであれば、そのまま放っておかずにできるだけ早い時期から育毛剤を使用することをお勧めします。

国内で販売されている数ある育毛剤の中で利用者の方々から評判の良い商品を厳選して紹介しています。

下記のランキングを参考にして、諦める前にまずは育毛剤を試してみて下さい^^


ナノインパクト100
ナノインパクト100 評価

ナノサイズの有効成分が毛根深くまで浸透します

配合されているPLGAナノカプセルは超微細の140nm(ナノメートル)を実現しています。毛穴の大きさの200万分の1サイズのPLGAナノカプセルが皮脂の汚れをすり抜けて、毛根深くまで確実に内包成分を運んでくれます。今まで育毛剤の効果を実感できなかった方にもおすすめです。

チャップアップ
チャップアップ 評価

返金保証付!AGA関連医師から高評価を得ている育毛剤

AGA関連医師100人を対象にした調査結果では「満足度が高い育毛剤」「抜け毛が減る育毛剤」「副作用がない・少ない育毛剤」3部門において第1位を獲得しています。第三者機関による商品検査の実施やカスタマーサポート体制の充実など、安心して使用することができます。

プランテル
プランテル 評価

M字ハゲに特化した育毛剤

プランテルはM字型薄毛専用の育毛剤として開発された商品です。A-DHTホルモン理論によってテストステロンを狙い撃ちをして、5α-リダクターゼと結びつくのを抑えることでM字型薄毛を改善させる効果が期待できます。初回購入者限定で30日間の全額返金保証が付いているので安心です。







薄毛の症状が中程度まで進行している方や、育毛剤を使用しても症状が全然改善しない場合はAGAクリニックで徹底的に治療することをお勧めします。

最近では育毛剤を購入する金額で気軽にAGA治療が受けられるクリニックも登場しています。

<< 詳細はこちら


 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿