M字ハゲの特徴と原因

諦めないで!薄毛@悩み相談室~育毛剤やAGA治療で薄毛を改善しよう~

気付きにくいので要注意です!M字ハゲの特徴と原因やその対策とは?

薄毛やハゲの症状にもさまざまなタイプがあります。

具体的には額の生え際全体から薄毛が進行する『A型タイプ』や、額の両サイドから薄毛が進行していく『M型タイプ』、さらには頭頂部付近から薄毛が進行していく『O型タイプ』などです。

その中の一つであるM型タイプは別名「M字ハゲ」呼ばれています。


M字ハゲの特徴と原因




M字ハゲの由来


文字通りアルファベットの「M」のような形の生え際に変化していくことから「M字ハゲ」と呼ばれています。

斜め上付近から頭部を見下ろすと、おでこに剃り込みが入っているように見えるのが特徴です。

M字ハゲが進行していくことで、額の剃り込みがどんどん後退していきます。また、中には左右非対称で薄毛が進行していくケースもあります。


M字ハゲの特徴と原因




M字ハゲの特徴


M字ハゲ(M型タイプ)はA型タイプやO型タイプと比較して、進行するスピードが速いと言われています。

初期の頃は両サイドの生え際付近に痒みを感じることが多くなっていきます。また、洗髪時における抜け毛の量が増えてきていると感じ始めます。

額の左右から進行するので、髪の毛をかき上げなければ確認することはできますせん。

日頃から短髪の方は顔を洗う時などに気付くことができますが、比較的髪の毛が長い場合はなかなか薄毛の進行に気付かないです。

そのため、あなたがM字ハゲだと自覚した時には症状が結構進行しているケースが多いです・・・(汗)


M字ハゲの特徴




M字ハゲになる主な原因


M字ハゲの症状になる大半の原因はAGA(男性型脱毛症)で、90%以上を占める要因となっています。

AGAでは、『DHT(ジヒドロテストステロン)』という物質が髪の毛に悪影響を与えます。

そしてDHTは『5α-リダクターゼ』という酵素と結びつくことによって髪の毛に栄養が行き届かなくなり、薄毛が進行していきます。

またAGAは遺伝が原因のケースが多いです。あなたの父親や祖父、親戚にM字ハゲの方がいる場合は注意が必要です。

あなたの体内にも同じDNAが引き継がれているケースが多いです。特に毛髪は隔世遺伝が大きく影響すると言われているので祖父がM字ハゲだという場合は要注意です。








M字ハゲの進行を抑えるための対策


M字ハゲの進行を抑えるための方法は下記のとおりです。

バランスの良い食生活をする


偏った食生活を改めて、バランスの良い食生活を心掛けるようにしてください。脂肪や塩分の取り過ぎは身体に良くないだけでなく、毛髪にも悪影響を与えます。

特に毛髪に良いと言われている納豆、魚介類、緑黄色野菜などを積極的に摂取することをお勧めします。髪の毛はその他の身体の部位と同様に、毎日摂取する食べ物から作り出されます。


食事


十分に睡眠時間を確保する


髪の毛の成長には十分な睡眠をとることも大切です。特に「髪の毛のゴールデンタイム」と言われている22時~2時までに就寝するようにしましょう。

この時間帯にしっかりと睡眠と取らないと髪の毛の成長が妨げられます。


睡眠


ストレスを抱え込まない


ストレスも髪の毛には良くありません。人間はストレスを感じると、血管が収縮するため頭皮の血行が悪くなります。頭皮の血行が悪くなるということは毛髪に栄養が浸透し難くなるということを意味します。

仕事などで日頃からストレスを抱えて込んでいると自覚している場合は、休日などのプライベートな時間を有効活用して上手に気分転換を図るようにしてください。適度に運動をしたり、自分の趣味などに没頭できる時間を作ることが効果的ですね。


ストレス


タバコやお酒を控える


タバコやお酒も控えるようにしましょう。喫煙は頭皮環境を改善するビタミンCを必要以上に消費します。

アルコールの取り過ぎはアセトアルデヒドの分解が間に合わずに血中に循環してしまいます。血中に循環したアセトアルデヒドはDHTを増加させる働きがあります。

最近ではさまざまな禁煙グッズも登場しているのでこれらの商品を利用して禁煙にチャレンジしてみてはどうでしょうか?


喫煙


適度な運動をする


定期的にウォーキングやジョギングなどの適度な運動を取り入れることで身体の血行を促進させることで、頭皮にもしっかりと血流を促すことで毛髪に栄養を送り届けることができます。

いきなり激しい運動をすると逆に身体を痛めてしまいます。最初は負担かけずに軽い運動から始めて身体が慣れてきてから徐々にペースを上げるようにしていきましょう。


ジョギング


育毛ケアを始める


薄毛が気になり始めたら、スカルプシャンプーや育毛剤を利用して育毛ケアを始めましょう。

育毛成分を頭皮に浸透させることで髪の毛に栄養を与えることができます。

髪の毛に十分な栄養を与えることで、太くてしっかりとした髪の毛が生えてきます。





M字ハゲに有効な育毛剤


最近ではM字ハゲに特化している育毛剤も登場しています。例えば『薬用育毛剤プランテル』はM字型薄毛専用の育毛剤として開発されました。

上述しているとおり、M字ハゲは男性ホルモンのテストステロンと5α-リダクターゼが結びついて前頭部の軟毛化を促すことが主な原因とされています。

このプランテルではA-DHTホルモン理論によってテストステロンを狙い撃ちをして、5α-リダクターゼと結びつくのを抑えてくれます。

また、30日間の全額返金保証も備わっているのでリスク無く試すことができる商品です。


薬用育毛剤プランテル

⇒ 薬用育毛剤プランテルの詳細ページ





M字ハゲの回復は時間がかかる


M字はハゲは短期間で改善することはできません。生え際の両側付近は男性ホルモンの分泌量が多い箇所なので、他の部位よりも回復するまでに相当の時間がかかります。

実際にAGA治療を実施している方でも頭頂部やおでこ付近と比較して毛が生えてくるスピードが遅いです。

そのため、「ちょっと生え際が薄くなってきたな・・・」と気付いた場合はできるだけ早く育毛ケアを始めるようにしましょう。

対策が早ければ早いほど回復スピードも速まります。頭皮に毛根が残っている状態なら、まだ回復できる可能性はあります。


砂時計




AGAクリニックでの治療も検討しよう


M字ハゲの症状がかなり進行している場合はAGAクリニックで治療することも検討して下さい。頭頂部から進行する薄毛のタイプと比較して、生え際から進行している薄毛のタイプは改善し難いです。

周りの人から薄毛であることを指摘されるくらいの症状の場合は、残念ながら育毛剤などでは改善できないケースが多いです。

そのため、本気で薄毛を改善したいと考えているのであれば、AGAクリニックで本格的な治療で薄毛を治療することをお勧めします。

AGAクリニックでの治療は定期的に通院する必要があり、費用もかかって大変ですが、高い発毛効果が実証されていて非常に有効です。

できる限り費用を抑えてAGA治療を実施したいなら、AGAスキンクリニックがおすすめです。AGAスキンクリニックなら月3,400円(税抜き)から治療を始められます。

4~6ヶ月間の治療で99.4%の患者さんが発毛効果を実感しているAGAクリニックです。東京都内だけでなく全国各地でクリニックを運営しているので、あなたの地域からでも通うことができると思います。


AGAスキンクリニック

⇒ AGAスキンクリニックの詳細ページ










髪の毛のボリュームがなくなってきたり、頭皮の地肌が目立つようになってきたら要注意です。

もしあなたが薄毛の症状に悩んでいるのであれば、そのまま放っておかずにできるだけ早い時期から育毛剤を使用することをお勧めします。

国内で販売されている数ある育毛剤の中で利用者の方々から評判の良い商品を厳選して紹介しています。

下記のランキングを参考にして、諦める前にまずは育毛剤を試してみて下さい^^


ナノインパクト100
ナノインパクト100 評価

ナノサイズの有効成分が毛根深くまで浸透します

配合されているPLGAナノカプセルは超微細の140nm(ナノメートル)を実現しています。毛穴の大きさの200万分の1サイズのPLGAナノカプセルが皮脂の汚れをすり抜けて、毛根深くまで確実に内包成分を運んでくれます。今まで育毛剤の効果を実感できなかった方にもおすすめです。

チャップアップ
チャップアップ 評価

返金保証付!AGA関連医師から高評価を得ている育毛剤

AGA関連医師100人を対象にした調査結果では「満足度が高い育毛剤」「抜け毛が減る育毛剤」「副作用がない・少ない育毛剤」3部門において第1位を獲得しています。第三者機関による商品検査の実施やカスタマーサポート体制の充実など、安心して使用することができます。

プランテル
プランテル 評価

M字ハゲに特化した育毛剤

プランテルはM字型薄毛専用の育毛剤として開発された商品です。A-DHTホルモン理論によってテストステロンを狙い撃ちをして、5α-リダクターゼと結びつくのを抑えることでM字型薄毛を改善させる効果が期待できます。初回購入者限定で30日間の全額返金保証が付いているので安心です。







薄毛の症状が中程度まで進行している方や、育毛剤を使用しても症状が全然改善しない場合はAGAクリニックで徹底的に治療することをお勧めします。

最近では育毛剤を購入する金額で気軽にAGA治療が受けられるクリニックも登場しています。

<< 詳細はこちら


 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿