育毛メソセラピーのメリット・デメリット

諦めないで!薄毛@悩み相談室~育毛剤やAGA治療で薄毛を改善しよう~

AGAクリニックで利用できる育毛メソセラピーのメリット・デメリット

AGAクリニックで用意されている薄毛治療方法は、フィナステリドの内服薬やミノキシジルの外用薬だけではありません。

本格的な施術を受けて、薄毛や抜け毛の症状を改善することも可能です。

そんな施術方法の一つに『育毛メソセラピー』という方法があります。


育毛メソセラピー




育毛メソセラピーとは…


元々は女性向けの美容外科クリニックなどのアンチエイジングやシワ対策として、ヒアルロン酸を皮下注射する際に利用されていた治療方法です。

その施術方法を薄毛治療にも応用して、独自の薬剤を直接頭皮に注入する方法で治療していきます。

注入される薬剤は各クリニックによって多少異なりますが、ミノキシジル、フィナステリド、グロースファクター(発毛成長因子)などが配合されているケースが多いです。

クリニックによってはアミノ酸やビタミン、ミネラル等、頭皮の血行促進に効果がある成分をブレンドすることもあります。

アミノ酸は毛包と呼ばれる組織の成長に欠かせない成分です。アミノ酸が不足することで丈夫な髪の毛が育たなくなります。

さらには髪の毛の主要物質のケラチンを生成する働きも担っています。

ビタミンB群も髪の毛に有効な成分です。皮脂コントロールをしながら毛根に刺激を与えて髪の毛に潤いを与えます。


育毛メソセラピー




メリット


育毛メソセラピーを実施するメリットは下記のとおりです。

薄毛改善効果が高い


内服薬の場合は服用して体内に吸収された後、全身の血管を巡りながら頭皮の毛根に到達します。血液循環をしている間に有効成分が薄まってしまう恐れがあります。

しかし、育毛メソセラピーの場合は直接頭皮に薬剤を注入する方法を採用しているため、内服薬による薄毛治療と比較して改善効果が高いです。



発毛を実感できる期間が早い


外用薬よりも頭皮に浸透する時間が短縮されるため、発毛効果が実感できる期間も早いです。

どんなに遅い人でも半年以内には何らかの効果が出ます。また50代や60代の男性でも症状がそれほど重くない場合は薄毛を改善することが可能です。



副作用が起こり難い


内服薬は体内に薬剤を取り込むため、薄毛の改善以外に副作用(頭痛や性欲減退など)が起こる恐れがあります。

しかし育毛メソセラピーは頭皮への直接注入となるため、副作用が現れ難いというメリットがあります。


メリット




デメリット


一方で、育毛メソセラピーを実施する際のデメリットは下記のようなものが考えられます。

施術料金が高額


内服薬や外用薬を使用する薄毛治療よりも費用が高額です。症例13,000件を超えている育毛メソセラピーの施術で定評のあるAGAルネッサンスクリニックでは、スマートメソの施術1回の料金は86,400円で設定されています。

そのため、育毛メソセラピーの施術を検討している場合はある程度まとまった金額を用意しておく必要があります。

薄毛治療においてあまりお金を費やしたくない場合は、ミノキシジルやプロペシアなどの外用薬・内服薬での治療を検討して下さい。



施術中に痛みを伴う


頭皮に注射を打つ施術方法なので、施術中に痛みを感じます。

しかし最近では痛みが軽減できるノーニードル法を導入しているクリニックや、施術前に麻酔を使用できるようになっているので、以前よりも痛みを気にする必要はなくなっています。



副作用が出るケースもある


育毛メソセラピーを実施することによって、稀に副作用が現れるケースがあります。頭皮に直接栄養成分を注入する治療方法であるため、頭皮に赤みが現れることがあります。

医師やスタッフがしっかりと対応してくれるのでそれほど心配する必要はありません。一定の時間が経過すれば赤みは治まってきます。



初期脱毛が起こる


施術を開始した直後に初期脱毛が起こることがあります。抜け毛の量が増えて心配になりますが、有効成分が効き始めている合図なのでそれほど心配する必要はありません。

初期脱毛は育毛剤を使用していても起こり得る現象です。1ヶ月程度経過すれば抜け毛の量は少なくなっていきます。




育毛メソセラピーに適している方


AGA治療の基本はミノキシジルとプロペシアで実施していきます。そのため、まずはこれらの医薬品を使用して薄毛治療を行いましょう。

治療費用に関してもミノキシジルとプロペシアによる治療方法の方が断然安いです。

これらの治療方法でも効果がなく抜け毛の進行が止まらない場合に育毛メソセラピーの治療を検討して下さい。

どちらの治療方法が良いのかは担当の医師が判断してくれます。育毛メソセラピーの施術に定評があるクリニックとしてはAGAスキンクリニックが挙げられます。


AGAスキンクリニック

⇒ AGAスキンクリニックの詳細ページ




HARG療法との違い


育毛メソセラピーと類似した薄毛治療方法の一つにHARG療法があります。

どちらの施術方法も頭皮に独自の薬剤を注入して発毛を促進させるため、双方を混同しがちですが、両者の大きな違いは注入する薬剤にあります。

HARG療法で用いられる薬剤は、育毛メソセラピーで使用される成分に加えて、HARGカクテル(脂肪幹細胞由来タンパク『AAPE』)が配合されています。

『AAPE』とは健康な成人女性から採取した脂肪幹細胞を培養した細胞から分泌された、各種の成長因子を含んだタンパク成分のことを指します。

この成長因子が毛根内の毛母細胞を活性化させ、休眠した毛母細胞を再び活動させます。HARG療法に定評があるクリニックとしてはHARG治療センターが挙げられます。


HARG治療センター

⇒ HARG治療センターの詳細ページ




施術料金は高額です


育毛メソセラピーよりもHARG療法の方が施術料金が高額となっています。

上述しているように、育毛メソセラピーの施術料金は1回80,000円程度となっていますが、HARG療法の施術料金は1回(頭部3分の1)100,000円以上で設定されています。

しかし施術料金が高い分、育毛メソセラピーよりも高い発毛効果が期待できます。

効果と費用の両面を考慮してHARG療法の施術を受けるかどうかを決定して下さい。





まとめ


薄毛治療には今回紹介した育毛メソセラピーだけではなく、内服薬や外用薬、HARG療法など、さまざまな方法が用意されています。

どの治療方法にもメリット・デメリットが存在しますので、あなたの症状や予算、最終目標などに応じて最適な治療方法を選択してください。

まずはAGAクリニックでカウンセリングを受けて専門医師の判断を仰ぐことをお勧めします。









髪の毛のボリュームがなくなってきたり、頭皮の地肌が目立つようになってきたら要注意です。

もしあなたが薄毛の症状に悩んでいるのであれば、そのまま放っておかずにできるだけ早い時期から育毛剤を使用することをお勧めします。

国内で販売されている数ある育毛剤の中で利用者の方々から評判の良い商品を厳選して紹介しています。

下記のランキングを参考にして、諦める前にまずは育毛剤を試してみて下さい^^


ナノインパクト100
ナノインパクト100 評価

ナノサイズの有効成分が毛根深くまで浸透します

配合されているPLGAナノカプセルは超微細の140nm(ナノメートル)を実現しています。毛穴の大きさの200万分の1サイズのPLGAナノカプセルが皮脂の汚れをすり抜けて、毛根深くまで確実に内包成分を運んでくれます。今まで育毛剤の効果を実感できなかった方にもおすすめです。

チャップアップ
チャップアップ 評価

返金保証付!AGA関連医師から高評価を得ている育毛剤

AGA関連医師100人を対象にした調査結果では「満足度が高い育毛剤」「抜け毛が減る育毛剤」「副作用がない・少ない育毛剤」3部門において第1位を獲得しています。第三者機関による商品検査の実施やカスタマーサポート体制の充実など、安心して使用することができます。

プランテル
プランテル 評価

M字ハゲに特化した育毛剤

プランテルはM字型薄毛専用の育毛剤として開発された商品です。A-DHTホルモン理論によってテストステロンを狙い撃ちをして、5α-リダクターゼと結びつくのを抑えることでM字型薄毛を改善させる効果が期待できます。初回購入者限定で30日間の全額返金保証が付いているので安心です。







薄毛の症状が中程度まで進行している方や、育毛剤を使用しても症状が全然改善しない場合はAGAクリニックで徹底的に治療することをお勧めします。

最近では育毛剤を購入する金額で気軽にAGA治療が受けられるクリニックも登場しています。

<< 詳細はこちら


 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿