フィナステリドの薄毛治療の効果と副作用

諦めないで!薄毛@悩み相談室~育毛剤やAGA治療で薄毛を改善しよう~

プロペシアの主成分!フィナステリドの薄毛治療の効果と気になる副作用とは?

ミノキシジルと並んで、薄毛治療に効果のある成分として世界中で認知されているのが、『フィナステリド(finasteride)』です。

『プロペシア』と言った方が分かる男性も多いと思います。プロペシアにはフィナステリドが主成分として含まれています。

今回はこのフィナステリドの成分がどうして薄毛治療に効果があるのか? さらには注意するべき服用時の副作用などに関して詳しく解説していこうと思います。


フィナステリド
(フィナステリドが配合されている『プロペシア』)





前立腺肥大の治療薬として開発


まずはフィナステリドがどのような経緯で薄毛治療薬として開発・誕生したのかを見ていきましょう。

フィナステリドはアメリカのメルク社が開発した抗アンドロゲン薬の1つとして開発され、1991年に前立腺肥大の治療薬としてプロスカー(5mg錠)の商品名で認可されました。

つまり最初は薄毛治療の薬ではなく、前立腺肥大を治療する目的で開発されていたのです(驚) 前立腺肥大症に対しては低用量で、そして前立腺癌に対しては高用量で使用されます。

ドキサゾシンと組み合わせて用いることによって、前立腺肥大症の症状が進行する危険性を低減する効果があります。

また、慢性的な前立腺炎の症状には効果が薄く、デュタステリドが用いられるケースが多いようです。

しかしその後、副作用として発毛や育毛などの症状が報告されたことがきっかけで、男性型脱毛症においても効果があることが判明しました。

偶然の産物としてフィナステリドが薄毛治療薬として認められることになったのです。




薄毛の進行が抑止される仕組み


男性ホルモンの一つであるテストステロンは5α-リダクターゼと結びつき、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。変化したDHTは過剰な皮脂を分泌させ、毛穴を塞いで男性型脱毛を誘発します。

フィナステリドはこのDHTによる毛髪の成長を妨げる働きを抑止する効果があります。

一見すると発毛効果があるように思われますが、厳密に言うと髪の毛が生える働きはありません。薄毛の進行を抑えることができる働きがあるだけです。

髪の毛に悪影響を与えるDHTの働きが抑制されることで髪の毛が成長しやすくなり、結果として髪の毛が生えてきたと感じるのです。まあどっちにしても、髪の毛が生えてくることに変わりはありませんが・・・(笑)

海外では60ヶ国以上で承認されている医薬品で、日本国内では2005年12月に万有製薬(現「MSD」)から発売されたのが最初です。

全ての脱毛症に効果があるわけではなく、男性型脱毛症(AGA)以外の脱毛症(円形脱毛症など)には効果がないと言われています。





フィナステリドが含まれている医薬品


フィナステリドの成分が配合されている医薬品はプロペシアだけはありません。

プロペシア以外のフィナステリドが含まれる医薬品としては、フィンペシアやフィナロ、フィンカーなどが代表的です。


フィンペシア(Finpecia)


プロペシアと同様の成分が配合されている医薬品です。プロペシアよりも安価で購入することができるので、世間では「フィンペシアはプロペシアのジェネリック薬」だと言われています。

しかし、プロペシアは未だに国際特許が有効(2019年まで有効)となっているので、正確には『インド製のコピー版プロペシア』という位置付けとなります。


フィンペシア

⇒ フィンペシアはプロペシアと同様の成分が入っているリーズナブルなAGA治療薬



フィナロ(FINALO)


インドの「インタス・ファーマシューティカル社」という製薬会社から発売されている医薬品です。

フィンペシアよりも安価な価格設定となっていて、最近では人気が上昇しています。


フィナロ


プロスカー(Proscar)


アメリカのメルク社から発売されています。プロペシアにはフィナステリドが1mg含まれていますが、プロスカーは5mg配合されています。

そのため、プロスカーはそのまま服用するとフィナステリドの過剰摂取となってしまうので、プルカッターで4~5分割して飲まなければいけませんが、その分安価で購入することができます。


プロスカー




ミノキシジルとの併用が効果的


フィナステリドはミノキシジルと併用することで、より発毛効果を実感することができます。ミノキシジルの成分はAGAの薄毛・抜け毛の改善と発毛効果があります。

直接、毛母細胞に働きかけて毛母細胞の分裂を活性化させることができ、髪の毛の成長を早める効果が期待できます。

つまり、双方を併用することで、フィナステリドで抜け毛の進行を抑えながら、ミノキシジルで毛髪の成長を促進することが可能になります。

実際にフィナステリドとミノキシジルの併用は多くのAGAクリニックでも処方されている組み合わせです。二つの医薬品は相性が良く、お互いの効果を相殺することなく相乗効果を発揮します。


ミノキシジル

⇒ 副作用が気になる!発毛効果が期待できるミノキシジル成分とは?





注意するべき副作用


フィナステリドは優れた薄毛治療薬なのですが、実は副作用も存在します。

日本国内の臨床試験において1mgのプロペシアを服用した場合に、被験者の6%程度の割合が胃部不快感、性欲減退などが認められました。

プロペシアの販売元であるMSDから、「プロペシア錠を服用することで、肝機能障害が起こる可能性もある」と副作用の項目が新たに追加されました。

また、上記の副作用よりは少ない割合ですが、1~5%未満の被験者に性欲減退、さらに1%未満の割合で勃起機能不全、射精障害、精液量減少が認められました。

このように副作用が現れるパーセンテージは低いですが、ゼロではないので使用する際は注意をして下さい。万が一、副作用が現れた場合は処方してもらった医師に相談をしてください。


男性



まとめ


上述しているように、フィナステリドの成分が含まれる医薬品を服用することで薄毛が改善できる効果がありますが、その反面、副作用というデメリットも存在します。

最近では個人輸入で購入することが可能ですが、副作用の恐れがあるだけでなく、偽物も多数流通しているという情報も入っています。

そのため、フィナステリドの医薬品を服用する際はあなたの健康のために必ず医師の診断を受けてから使用するようにしてください。

当サイト内でも薄毛治療におすすめのAGAクリニックをいくつか紹介しているのであなたに適したクリニックを見つけてカウンセリングを受けてみてはどうでしょうか?


⇒ AGAクリニックランキング・トップ5はこちらです









髪の毛のボリュームがなくなってきたり、頭皮の地肌が目立つようになってきたら要注意です。

もしあなたが薄毛の症状に悩んでいるのであれば、そのまま放っておかずにできるだけ早い時期から育毛剤を使用することをお勧めします。

国内で販売されている数ある育毛剤の中で利用者の方々から評判の良い商品を厳選して紹介しています。

下記のランキングを参考にして、諦める前にまずは育毛剤を試してみて下さい^^


ナノインパクト100
ナノインパクト100 評価

ナノサイズの有効成分が毛根深くまで浸透します

配合されているPLGAナノカプセルは超微細の140nm(ナノメートル)を実現しています。毛穴の大きさの200万分の1サイズのPLGAナノカプセルが皮脂の汚れをすり抜けて、毛根深くまで確実に内包成分を運んでくれます。今まで育毛剤の効果を実感できなかった方にもおすすめです。

チャップアップ
チャップアップ 評価

返金保証付!AGA関連医師から高評価を得ている育毛剤

AGA関連医師100人を対象にした調査結果では「満足度が高い育毛剤」「抜け毛が減る育毛剤」「副作用がない・少ない育毛剤」3部門において第1位を獲得しています。第三者機関による商品検査の実施やカスタマーサポート体制の充実など、安心して使用することができます。

プランテル
プランテル 評価

M字ハゲに特化した育毛剤

プランテルはM字型薄毛専用の育毛剤として開発された商品です。A-DHTホルモン理論によってテストステロンを狙い撃ちをして、5α-リダクターゼと結びつくのを抑えることでM字型薄毛を改善させる効果が期待できます。初回購入者限定で30日間の全額返金保証が付いているので安心です。







薄毛の症状が中程度まで進行している方や、育毛剤を使用しても症状が全然改善しない場合はAGAクリニックで徹底的に治療することをお勧めします。

最近では育毛剤を購入する金額で気軽にAGA治療が受けられるクリニックも登場しています。

<< 詳細はこちら


 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿