お薦めシャンプー

諦めないで!薄毛@悩み相談室~育毛剤やAGA治療で薄毛を改善しよう~

石油系やアミノ酸系など色々なシャンプーがあるけど、一体どれがお薦めなの?

各社からさまざまなタイプのシャンプーが販売されています。

また、頭皮環境を整えることを目的としたスカルプシャンプーなども登場しています。

種類が多過ぎて、正直どのタイプの商品を購入すればよいのか迷ってしまいますよね…(汗)

そこで今回は各タイプ別のメリット・デメリットを分かりやすく解説していこうと思います。

シャンプー選びに迷っている方はぜひ参考にしてください。



お薦めシャンプー





界面活性剤の分類


シャンプーに含まれる大部分の成分は水と界面活性剤で構成されています。この界面活性剤がシャンプーの泡立ちや洗浄力などの特徴を決定します。

よくアミノ酸系シャンプーや石油系シャンプーなどが話題に上がりますが、それはこの界面活性剤の違いに焦点が当たっているのです。

界面活性剤は精製した原料により主に以下のように分類できます。これらの違いはシャンプー容器の裏面付近に記載されている成分表示からチェックすることができます。


  • 石油系
  • 高級アルコール系
  • 石鹸系
  • アミノ酸系






石油系シャンプー


石油系シャンプーとは、文字通り、石油を使った抽出されたか化学成分が含まれているシャンプーのことです。

成分表示にポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩やラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウム、スルホン酸Na、ラウリル硫酸アンモニウム、パレスー3硫酸アンモニウムなどと記載されていることが多いです。

あまり馴染みのない言葉で覚えにくいですが、『ラウリル』や『硫酸』という単語が含まれていれば石油系シャンプーだと判断できます。


メリット

1)使用時の爽快感が良い
石油系の界面活性剤が含まれているということで、使用時の泡立ちが他のシャンプーよりも良いです。

2)安価で購入できる
製造コストが安くて大量生産が可能なので、リーズナブルな価格で購入することができます。


デメリット

1)皮脂を取り過ぎてしまう
食器を洗う洗剤や歯磨き粉などに含まれる成分なので、非常に強い洗浄力で必要以上に頭皮の皮脂を取り過ぎてしまい、肌を守るバリア機能が低下して皮膚炎や慢性的な痒み、フケなどの肌トラブルに見舞われる恐れがあります。

2)毛髪のキューティクルも破壊
頭皮の脂だけでなく毛髪のキューティクルも破壊してしてしまいます。石油系シャンプーにはコーティング剤が含まれていて頭皮と毛髪に油膜を張り、毛穴を塞いでしまいます。その結果、頭皮が呼吸し難くなり、髪の毛自体も影響が行き届かなくなりやせ細っていきます。





高級アルコール系シャンプー


高級アルコール系の高級とは、「価格」が高いという意味合いではありません。「高級」とは、炭素分子「C」が多いということを表しています。

成分表示欄にセタノールやステアリルアルコール、オクチルドデカノール、ラウリルアルコール、ミリスチルアルコールなどの記載がある商品です。

メリットとデメリットに関しては、石油系シャンプーとほぼ同様となっています。


メリット

1)価格が安い
石油系シャンプーと同様に製造コストがそれほどかからないので、安価な価格で購入することができるので、経済的にお得です。

2)使用後の爽快感がある
洗浄力が強いので、使用後は頭皮の皮脂がきれいに無くなって爽快感があります。


デメリット

1)合成添加物が含まれている
合成添加物である着色料や保存料、香料が含まれているこが多いです。合成添加物によって、頭皮のアレルギーを引き起こしやすくなったり、痒みや炎症の恐れもあります。

2)皮脂が過剰に分泌される
洗浄力が強いので、必要以上に頭皮の皮脂を落としてしまいがちです。失った皮脂を正常の状態に戻そうとして、皮脂が過剰に分泌される恐れがあります。





石鹸系シャンプー


石鹸系シャンプーでは、脂肪酸をアルカリで反応させて作り出す脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムなどが主成分となっています。

一般的に液体の状態でボトルに詰められた形で販売されていますが、成分的には固形石鹸とそれほど変わりません。


メリット

1)安全性が高い
天然成分を主原料とする界面活性剤を使用しているため、アレルギーなどの問題も少なく安全性が高いという特徴があります。髪の毛や肌に優しいことをセールスポイントとした商品が多く、香料や着色料も含まれていないものが多いです。

2)適度な洗浄力
一般的に天然成分が配合されているシャンプーは石油系シャンプーよりも洗浄力が弱いと言われていますが、石鹸系シャンプーは適度な洗浄力があります。


デメリット

1)髪の毛がきしむケースが多い
石鹸系のシャンプーは皮脂に対する洗浄力が強い為、頭皮や髪の毛を保護する皮脂まで洗い流してしまい、髪の毛がパサついたり、きしんでしまうケースが多いです。

2)頭皮のpH値を崩してしまう
石鹸自体がアルカリ性であるため、シャンプーをすることで弱酸性に保たれている頭皮のpH値を崩してしまう恐れがあります。そのため、気を付けて使用しないと雑菌が繁殖して頭皮トラブルや抜け毛などを引き起こすことがあります。





アミノ酸系シャンプー


文字通り、アミノ酸系の成分が使用されているシャンプーです。

具体的には成分表示にグリシンやメチルアラニン、グルタミン酸、メチルタウリン、サルコシン等の成分が含まれていることが多いです。

石油系シャンプーや石鹸系シャンプー、高級アルコール系シャンプーなどは皮膚への刺激があり、洗浄力が強過ぎることから、低刺激のアミノ酸系シャンプーのニーズが高まっています。


メリット

1)低刺激で頭皮や髪に優しい
他のシャンプーよりも低刺激で頭皮や毛髪に優しい特徴があるので、敏感肌やアトピー、抜け毛に悩んでいる方などでも安心して毎日使用することができます。

2)適度な洗浄力
洗浄力自体も強くないので、必要以上に頭皮の皮脂を落とし過ぎる心配がありません。また、保湿力もあり、髪の毛のパサつきを抑えてくれます。

3)毛髪の修復効果も期待
シャンプーに含まれるアミノ酸が髪の毛へ浸透して、ある程度元の健康な髪の毛の状態に修復する効果もあると言われています。そのため、ダメージヘアに悩んでいる方にもお薦めです。


デメリット

1)過剰な皮脂が落ち難い
メリットの裏返しとなりますが、低刺激ということで洗浄力はそれほど強くなく、過剰な皮脂が落ち難い傾向があります。そのため皮脂の分泌量が多いと自覚している方は2度洗いをするなどしてしっかりと汚れを洗い流してください。

2)価格が高い
アミノ酸系シャンプーは製造工程に手間がかかっているので、ドラッグストアやスーパーで販売されている石油系シャンプーなどと比較すると、価格が高額に設定されています。一般的に3~5倍程度の価格の開きがあります。








まとめ


上述しているように、其々のシャンプーにはメリットとデメリットがあります。

現在、あなたが使用しているシャンプーがたとえ石油系や高級アルコール系の商品であっても、頭皮や毛髪にトラブルが起こっていない場合はそのまま使用しても問題ありません。

しかし、髪の毛が細くなってきたり、フケや痒みなどの肌トラブルで悩んでいるなら、石油系シャンプーやアミノ酸系シャンプーの使用を検討してみて下さい。

何よりもあなたの体質や頭皮に適したシャンプーを使用することが大切だと言えます。








髪の毛のボリュームがなくなってきたり、頭皮の地肌が目立つようになってきたら要注意です。

もしあなたが薄毛の症状に悩んでいるのであれば、そのまま放っておかずにできるだけ早い時期から育毛剤を使用することをお勧めします。

国内で販売されている数ある育毛剤の中で利用者の方々から評判の良い商品を厳選して紹介しています。

下記のランキングを参考にして、諦める前にまずは育毛剤を試してみて下さい^^


ナノインパクト100
ナノインパクト100 評価

ナノサイズの有効成分が毛根深くまで浸透します

配合されているPLGAナノカプセルは超微細の140nm(ナノメートル)を実現しています。毛穴の大きさの200万分の1サイズのPLGAナノカプセルが皮脂の汚れをすり抜けて、毛根深くまで確実に内包成分を運んでくれます。今まで育毛剤の効果を実感できなかった方にもおすすめです。

チャップアップ
チャップアップ 評価

返金保証付!AGA関連医師から高評価を得ている育毛剤

AGA関連医師100人を対象にした調査結果では「満足度が高い育毛剤」「抜け毛が減る育毛剤」「副作用がない・少ない育毛剤」3部門において第1位を獲得しています。第三者機関による商品検査の実施やカスタマーサポート体制の充実など、安心して使用することができます。

プランテル
プランテル 評価

M字ハゲに特化した育毛剤

プランテルはM字型薄毛専用の育毛剤として開発された商品です。A-DHTホルモン理論によってテストステロンを狙い撃ちをして、5α-リダクターゼと結びつくのを抑えることでM字型薄毛を改善させる効果が期待できます。初回購入者限定で30日間の全額返金保証が付いているので安心です。







薄毛の症状が中程度まで進行している方や、育毛剤を使用しても症状が全然改善しない場合はAGAクリニックで徹底的に治療することをお勧めします。

最近では育毛剤を購入する金額で気軽にAGA治療が受けられるクリニックも登場しています。

<< 詳細はこちら


 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿