ストレスを溜め込むと薄毛になる

諦めないで!薄毛@悩み相談室~育毛剤やAGA治療で薄毛を改善しよう~

ストレスを溜め込むと薄毛になるって本当?ストレスと薄毛の関係を解説

現代はストレス社会と言われていて、多くの方々が日々ストレスと闘いながら生活を送っています。

慢性的なストレスは身体に悪影響を及ぼしますが、髪の毛にも同様に悪影響を与えます。

最近女性の薄毛が話題になっていますが、それは女性が社会進出をして仕事を任されることで抱えたストレスが原因だと言われています。

そこで今回はストレスが髪の毛に与える影響の仕組みを解説していこうと思います。


ストレスと薄毛の関係




交換神経が活発になる


人間の身体は外部からストレスを受けると、交感神経が活発に活動し始めます。

そして交換神経が活発に活動することによって、心臓の心拍数も高くなり血圧が上昇します。

血圧が上昇すると通常より多くの血液を体内に送り出して栄養を供給することによって、ストレスに対応する仕組みになっています。


神経




血液の流れが悪くなる


しかし慢性的にストレスを受けることによって、常に多くの血液を送り出そうとするために血管が収縮している状態が長時間続くことで、逆に血液の流れが悪くなってしまいます。

髪の毛を形成する毛母細胞に栄養を運ぶ働きを担っているのは血液です。

血液の流れが悪くなれば、本来の発毛サイクルの機能を維持できなくなります。


その結果、髪の毛にも十分な栄養が行かなくなり、どんどんやせ細っていきます。






不眠症になる


交換神経が活発になることによって不眠症になる恐れがあります。

日頃から慢性的にストレスを抱えている場合は寝る時間になっても交感神経が働いています。

交換神経が活発に働いている状態では眠ることができません。

髪の毛を成長させるためには睡眠も大切です。22時~2時までの夜中の時間帯が『髪の毛のゴールデンタイム』と呼ばれていて、髪の毛が一番成長する時間帯です。

そのため、このゴールデンタイムにリラックスして睡眠をとることで成長ホルモンの分泌が活発になり、髪の毛が成長します。

つまり、交換神経が活発に働いて寝る時間になってもなかなか眠ることができないと、髪の毛の細胞分裂も抑制されて、健康で丈夫な髪の毛は育ちません。


ストレスと薄毛の関係




男性ホルモンの分泌量が増大する


過度なストレスを受け続けると、自分自身を守ろうとする本能が働き、男性ホルモンの分泌量が増大します。

男性ホルモンの一つであるテストステロンの分泌量も増加して、5α-リダクターゼという酵素と結びつくことによって薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)が生成されてしまいます。

DHTの分泌量が増加すると、ヘアサイクルに悪影響を与えて健康な髪の毛が育たなくなります。

その結果、髪の毛が細くなってきたり抜け毛が多くなって薄毛を進行させてしまいます。


筋肉



アドレナリンの分泌も盛んになります


また、ストレスが溜まるとアドレナリンの分泌も盛んになります。アドレナリンには酸化の原因となる活性酸素を急増させる作用があります。

活性酸素には、強い攻撃力で体内に侵入したウイルスや細菌を退治するという大切な役割があります。

しかし必要以上に活性酸素が増えてしまうと健康な細胞まで酸化させてしまうため、老化の引き金になります。

この活性酸素が頭皮の皮脂汚れも過酸化脂質に変えてしまいます。

過酸化脂質には粘性があり毛穴に詰まり易いため、そのまま放置すると炎症を起こす恐れがあります。

そして頭皮に炎症が起こると毛根にダメージが与えられて、育毛力が減退してします。





ストレスを溜めやすい人


ストレスを溜めやすい人は下記のような共通点があります。

真面目で責任感が強い完璧主義
チャランポランな性格の人よりも真面目な性格の人の方がストレスを溜めやすいです。また、責任感が強くちょっとした小さなミスなども気になって後悔をする人やなんでも完璧にこなそうとする完璧主義者も要注意です。


神経質で周りを気にし過ぎる人
神経が細かい人もストレスを溜めやすいです。周りが気付かないような細かい所にも気を配ることができるので苦しむ人もいます。また、感受性が豊かな性格の人も含まれます。


「NO!」が言えない人
友人や職場の上司、同僚などから頼み事をされる際にどんな要求でもオッケーをしてしまい、「NO!」とは言えない人です。自分が嫌だと感じることでも了承してしまうため、ストレスを溜めやすくなります。


ストレスと薄毛の関係




効果的なストレス対策


ストレスを溜めやすい性格だということで性格を直そうとしても、なかなか難しいと思います。

「自分の性格に問題があるからストレスを抱えているのだ…」と考えることで、逆にストレスを抱え込んでしまう恐れがあります。

ストレスを溜めやすい人は上手にストレスを発散する方法を習得することをお勧めします。

適度な運動をする
身体を動かすことでストレスを発散することができます。激しい運動をする必要はなく、ウォーキングなどの軽い運動でも十分です。休日や帰宅後のちょっとした時間を利用して身体を動かすことを習慣にしてみてください。


リラックスできる時間を作る
ストレスを抱えている際は緊張状態になっているので、リラックスすることが大切です。例えば、ゆっくりと湯船に浸かったり、ヒーリング効果のある音楽を聞いたり、アロマオイルを焚いてみたりして、心身ともにリラックスできる時間を作ってみましょう。


没頭できる趣味を作る
仕事でストレスを抱えている場合は何か休日に没頭できる趣味を作ると効果的です。仕事のことを完全に忘れることができる時間を作ることでストレスが解消されます。できればテニスやゴルフ、登山などの身体を動かすような趣味が良いですね。


適度の飲酒
適量の飲酒もリラックス効果があります。あくまでも適量が効果があるので、飲み過ぎには注意しましょう。ストレスの捌け口を飲酒に頼ってしまうとアルコール摂取量が増えてきて逆に身体に悪影響を及ぼします。


ジョギング




まとめ


上述しているように、ストレスと髪の毛には密接な関係があります。

過度なストレスは身体に悪影響を及ぼして病気になる恐れがあるだけでなく、薄毛を進行させる可能性もあります。

現代社会は何かとストレスを溜めやすいですが、過度に溜め込まないために日頃から上手にストレスを発散する工夫をして下さい。

できるだけでストレスを抱え込まないように注意して快適な生活を送ることが、身体だけでなく髪の毛にも好影響を与えるということを覚えておいて下さいね^^










髪の毛のボリュームがなくなってきたり、頭皮の地肌が目立つようになってきたら要注意です。

もしあなたが薄毛の症状に悩んでいるのであれば、そのまま放っておかずにできるだけ早い時期から育毛剤を使用することをお勧めします。

国内で販売されている数ある育毛剤の中で利用者の方々から評判の良い商品を厳選して紹介しています。

下記のランキングを参考にして、諦める前にまずは育毛剤を試してみて下さい^^


ナノインパクト100
ナノインパクト100 評価

ナノサイズの有効成分が毛根深くまで浸透します

配合されているPLGAナノカプセルは超微細の140nm(ナノメートル)を実現しています。毛穴の大きさの200万分の1サイズのPLGAナノカプセルが皮脂の汚れをすり抜けて、毛根深くまで確実に内包成分を運んでくれます。今まで育毛剤の効果を実感できなかった方にもおすすめです。

チャップアップ
チャップアップ 評価

返金保証付!AGA関連医師から高評価を得ている育毛剤

AGA関連医師100人を対象にした調査結果では「満足度が高い育毛剤」「抜け毛が減る育毛剤」「副作用がない・少ない育毛剤」3部門において第1位を獲得しています。第三者機関による商品検査の実施やカスタマーサポート体制の充実など、安心して使用することができます。

プランテル
プランテル 評価

M字ハゲに特化した育毛剤

プランテルはM字型薄毛専用の育毛剤として開発された商品です。A-DHTホルモン理論によってテストステロンを狙い撃ちをして、5α-リダクターゼと結びつくのを抑えることでM字型薄毛を改善させる効果が期待できます。初回購入者限定で30日間の全額返金保証が付いているので安心です。







薄毛の症状が中程度まで進行している方や、育毛剤を使用しても症状が全然改善しない場合はAGAクリニックで徹底的に治療することをお勧めします。

最近では育毛剤を購入する金額で気軽にAGA治療が受けられるクリニックも登場しています。

<< 詳細はこちら


 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿