体毛(胸毛やすね毛)が濃いと薄毛やハゲになりやすい

諦めないで!薄毛@悩み相談室~育毛剤やAGA治療で薄毛を改善しよう~

将来が心配…体毛(胸毛やすね毛)が濃いと薄毛やハゲになりやすいの?

昔から「胸毛やすね毛などの体毛が濃いと薄毛になりやすい」と言われていますが、本当なのでしょうか?

周りの友人よりも毛深いということで悩んでいる男性は結構多いです。

さっそく体毛が濃いと薄毛になりやすいのかどうかをみていきましょう。


体毛が濃いと薄毛になりやすい




体毛が濃くなる原因


一般的に体毛が濃くなる原因としては、大きく「先天的な原因」「後天的な原因」に分類できます。

遺伝的などによる先天的な原因


親や親戚などが毛深い家系の場合には、その子供や孫も毛深い体質になる可能性が高いです。DNAによる先天的な要因が強いので自分自身ではどうすることもできません。

両親のどちらとも体毛が濃くない場合であっても注意が必要です。祖父母の体毛が濃い場合は隔世遺伝によって体毛が濃くなるケースもあります。

また兄弟によっても体毛の濃さが異なることもあります。実際のところは遺伝が体毛の濃さにどれくらい影響を与えているのかは解明されていません。


遺伝


ホルモンバランスの崩れなどによる後天的な原因


日頃の仕事などで抱えたストレスでホルモンバランスが崩れてしまい、体毛の発毛機能が促進されることで毛深くなるケースがあります。

またストレスだけでなく、偏った食生活などの生活習慣からホルモンバランスが崩れるケースもあります。

特にお肉や脂っこい食べ物ばかり摂取している方は注意して下さい。男性ホルモンの一種であるテストステロンは肉類や揚げ物などに豊富に含まれています。

テストステロンを必要以上に摂取することでホルモンバランスが崩れてしまうのです。


ハンバーガー




体毛が濃くてもフサフサな人は存在します


胸毛やすね毛などが他の人よりも濃い体質の人は、将来絶対に薄毛になるということはありません。

また医学的な観点からもそのような因果関係は確認されていません。実際に体毛が濃くても髪の毛がフサフサしている人は世の中に大勢います。

単に男性ホルモンの分泌量が他の人よりも多いからいって、薄毛になるわけでないので安心してください。


男性




薄毛になる原因とは?


薄毛になる原因としては、「血液循環の不良」「男性ホルモン」「頭皮の脂漏」「頭皮の緊張」の4つが挙げられます。

体毛が濃いという場合は上記における「男性ホルモン」の分泌量が多いということに該当します。

男性ホルモンの一種であるテストステロンが頭皮に存在する『5α-リダクターゼ』という酵素と結びつくことで、『ジヒドロテストステロン(DHT)』という別の男性ホルモン物質に変化することが薄毛になる直接的な原因です。

つまり、いくら男性ホルモンがたくさん分泌されていても、DHTに変化しなければ薄毛が進行することはありません。


筋肉







AGA(男性性脱毛症)のケースもあります


しかし、体毛が濃くなり始めたと同時に髪の毛が細くなってきた場合は危険です。

男性ホルモンの分泌が活性化された結果、テストステロンが5α-リダクターゼと結びついてDHTに変化している恐れがあります。

これは典型的なAGA(男性性脱毛症)の症状で、そのまま放っておくとどんどん薄毛が進行していきます・・・(汗)

AGAの疑いがある場合はできる限り早期に薄毛対策を実施することをお勧めします。

症状が軽いうちに対策を施せば早期に改善できる可能性が高くなります。逆に症状が重くなればなるほど改善までのスピードが遅くなり、その分治療費も高額になっていきます。


薄毛




薄毛対策を実施しよう


薄毛の症状によって適切な対策を施すことが効果的です。

初期症状


地肌が目立つほどではないけれど、髪の毛のボリュームが無くなってきたと感じる初期症状の場合は食生活を改善したり、スカルプシャンプーやサプリメントなどを利用して対策を施しましょう。

スカルプシャンプーやサプリメントでは髪の毛は生えてきませんが、頭皮環境を改善することで髪の毛が成長しやすくなり、薄毛の進行を抑えることができるケースが多いです。


シャンプー


初期~中期症状


髪の毛の生え際が後退してきたと感じたり、頭皮が目立つようになったと感じ始めた場合は育毛剤の使用を検討して下さい。有効成分を頭皮に浸透させることによって薄毛の進行を食い止める効果が期待できます。

育毛剤は毎日継続して使用しなければ効果を実感することはできません。できれば半年程度は継続して使用することをおすすめします。

それでも育毛効果をあまり実感できない場合は頭皮に栄養が行き届いていないかもしれません。そのような場合は『ナノインパクト100』を試してみて下さい。

毛穴のわずか200万分の1サイズの140nm(ナノメートル)に閉じ込めた有効成分が、頭皮に詰まった汚れや皮脂をすり抜けて毛根まで確実に浸透してくれます。

今なら30日間の全額返金保証も付いているのでリスクなく試すことができます。


ナノインパクト100

<< ナノインパクト100の詳細ページ


中期以降の症状


自分だけでなく周りからも薄毛を指摘されるくらいの症状に至っている場合は、AGAクリニックなどに通いながら本格的な薄毛治療を実施することをお勧めします。

AGAクリニックではミノキシジルとフィナステリド(プロペシア)などの医薬品を使用して薄毛を治療していきます。

自宅でこれらの医薬品を使用して、1ヶ月毎に来院して薄毛の改善度合いを確認しながら治療を進めていきます。

薄毛の症状が改善しない場合は頭皮に直接有効成分を注入する育毛メソセラピーという治療方法を実施することもあります。

治療方法に関しては薄毛の症状と予算などを考慮しながら担当医師と一緒に検討して下さい。


診察




まとめ


上述しているように、体毛も濃さと薄毛には直接的な因果関係はありません。

しかし男性ホルモンの分泌量が多いということで、他の人よりも薄毛を誘発するリスクは高くなります。

そのため、あなた自身が体毛が濃い方だと自覚しているのであれば、日頃から他の人よりも髪の毛の状態には注意を払って下さい。

以前よりも髪の毛のボリュームがなくなってきたり、細くなってきたと感じ始めたら、早急に育毛ケアを始めるようにしましょう。








髪の毛のボリュームがなくなってきたり、頭皮の地肌が目立つようになってきたら要注意です。

もしあなたが薄毛の症状に悩んでいるのであれば、そのまま放っておかずにできるだけ早い時期から育毛剤を使用することをお勧めします。

国内で販売されている数ある育毛剤の中で利用者の方々から評判の良い商品を厳選して紹介しています。

下記のランキングを参考にして、諦める前にまずは育毛剤を試してみて下さい^^


ナノインパクト100
ナノインパクト100 評価

ナノサイズの有効成分が毛根深くまで浸透します

配合されているPLGAナノカプセルは超微細の140nm(ナノメートル)を実現しています。毛穴の大きさの200万分の1サイズのPLGAナノカプセルが皮脂の汚れをすり抜けて、毛根深くまで確実に内包成分を運んでくれます。今まで育毛剤の効果を実感できなかった方にもおすすめです。

チャップアップ
チャップアップ 評価

返金保証付!AGA関連医師から高評価を得ている育毛剤

AGA関連医師100人を対象にした調査結果では「満足度が高い育毛剤」「抜け毛が減る育毛剤」「副作用がない・少ない育毛剤」3部門において第1位を獲得しています。第三者機関による商品検査の実施やカスタマーサポート体制の充実など、安心して使用することができます。

プランテル
プランテル 評価

M字ハゲに特化した育毛剤

プランテルはM字型薄毛専用の育毛剤として開発された商品です。A-DHTホルモン理論によってテストステロンを狙い撃ちをして、5α-リダクターゼと結びつくのを抑えることでM字型薄毛を改善させる効果が期待できます。初回購入者限定で30日間の全額返金保証が付いているので安心です。







薄毛の症状が中程度まで進行している方や、育毛剤を使用しても症状が全然改善しない場合はAGAクリニックで徹底的に治療することをお勧めします。

最近では育毛剤を購入する金額で気軽にAGA治療が受けられるクリニックも登場しています。

<< 詳細はこちら


 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿