亜鉛は薄毛の改善に効果があるの?

諦めないで!薄毛@悩み相談室~育毛剤やAGA治療で薄毛を改善しよう~

亜鉛は薄毛の改善に効果があるの?気になる亜鉛の育毛効果を解説します

「亜鉛は髪の毛によい成分だ」と聞いたことはありませんか?

薄毛に悩んでいる人の中には亜鉛が多く含まれた食品やサプリメントを積極的に摂取している人も存在します。

実際に亜鉛を摂取することで髪の毛が生えてくるのでしょうか?

今回は亜鉛と髪の毛の気になる関係について詳しく紹介していこうと思います。



亜鉛
(亜鉛のサプリメント)







亜鉛とは…


亜鉛は、タンパク質の合成や骨の発育などにおいて欠かすことのできない必須ミネラルです。

身体のさまざまな部位に存在していますが、特に免疫としての役割を発揮する白血球にたくさん含まれています。

身体の大きさに比例して、約1.4~2.3gの亜鉛が含まれています。その中の半分程度は血液の中に含まれています。

ちなみに残りの半分は骨や皮膚、臓器です。





亜鉛と髪の毛の関係


亜鉛と髪の毛には密接な関係があります。髪の毛を構成しているのはタンパク質ですが、正確にはケラチンタンパク質です。

このケラチンタンパク質が髪の毛の成分の99%を占めています。

亜鉛には体内に摂取したタンパク質をケラチンタンパク質に変化させる働きがあります。

この働きがあるために、「髪の毛には亜鉛が大切!」だと言われています。

さらに薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を作り出す5α-リダクターゼの生成を抑制する効果も期待できます。





亜鉛が不足すると…


亜鉛が不足してしまうと、細胞分裂が正常に行われなくなるため、身体にさまざまな欠乏症が現れます。

例えば、肌が乾燥しやすくなったり、シミ・シワが増えてくる恐れがあります。さらには髪の毛が細くなったり、薄毛になったりするケースもあります。

その他にも爪の異常や勃起不全、免疫力の低下、抗酸化力の低下なども考えられます。

また、年齢を重ねるごとに体内の含有量は減少していきます。

50歳を超えた人と10~20歳程度の若者の亜鉛含有量を比較すると、50歳を超えた人の亜鉛含有率は若者の10分の1程度しかないそうです。

そのため、50歳くらいからは積極的に亜鉛を摂取することをお勧めします。

若い頃のまま、亜鉛含有量をキープすることで老化のスピードを遅らせる効果が期待できます。





亜鉛を多く含む食品


亜鉛の1日あたりの摂取量の目安は成人男性で9~12mg程度です。肉類や穀物、野菜などのさまざまな食品に含まれています。

その中でも牡蠣や牛肉、豚肉、鶏肉、卵、海苔、わかめ、昆布、レバー、白米などに多く含まれています。

また、ビタミンCやクエン酸と一緒に摂取すると亜鉛の吸収率がアップするので、食べ合わせを工夫するとより効率的に亜鉛を摂取することができます。

例えば、カキフライやトンカツ、唐揚げなどを食べる際にレモンを上からかけるとよいですね!

食事で亜鉛を摂取するのが難しい場合はサプリメントを利用するのもお薦めです。

逆に亜鉛の吸収率を下げてしまう食品も存在します。例えば、食物繊維が多い食品と一緒に摂取すると、食物繊維が亜鉛を吸収して排出してしまいます。

また、インスタント食品やスナック菓子もNGです。これらの食品に含まれている添加物「ポリリン酸」が体内で亜鉛と結合して吸収を妨げてしまいます。



牡蠣




亜鉛の過剰摂取に注意


いくら「亜鉛が髪の毛によい」と言っても過剰摂取はNGです。

例えば、1日100mg以上の亜鉛を長期にわたって摂取していると、吐き気や嘔吐、発熱、脱水症状などの副作用を引き起こす恐れがあります。

また、1日50mgを1週間にわたって摂取すると、イライラや不安感、嘔吐などを起こすケースがあります。


急性亜鉛中毒
1日2gを超える量の亜鉛を摂取すると『急性亜鉛中毒』を引き起こすケースもあります。

牡蠣は亜鉛が多く含まれている食材として知られていますが、それでも100gあたり13.2mg程度しか含まれていません。

2gの亜鉛を摂取することがどれだけ難しいかが分かると思います。そのため、食べ物から亜鉛を摂取する場合はそれほど心配することはありません。

但し注意しなければいけないのはサプリメントで亜鉛を摂取する場合です。基本的にサプリメントは1日に摂取する目安量が記載されています。

その目安量を守っていれば問題はないのですが、早く効果を実感したいと考えて、より多くの量を摂取する方がいます。

サプリメントは簡単に必要な栄養を摂取することができる食品として人気がありますが、その反面過剰摂取の危険性があります。

亜鉛のサプリメントを大量摂取した場合は副作用が現れる恐れがあるので十分に気を付けて下さい。決して1日の目安量の倍近くを摂取することは止めて下さい。





まとめ


亜鉛はあくまで髪の毛の成長にプラスとなる栄養素の一つです。薬ではないので、残念ながら亜鉛を摂取するだけでは髪の毛は生えてきません。

しかし、日頃から亜鉛が不足している場合(亜鉛欠乏症の場合)は亜鉛を摂取することで髪の毛が戻ってくる場合があります。

育毛ケアをしながら不足している亜鉛を摂取することで効果がアップするので、補助的な目的で摂取するようにしましょう。








髪の毛のボリュームがなくなってきたり、頭皮の地肌が目立つようになってきたら要注意です。

もしあなたが薄毛の症状に悩んでいるのであれば、そのまま放っておかずにできるだけ早い時期から育毛剤を使用することをお勧めします。

国内で販売されている数ある育毛剤の中で利用者の方々から評判の良い商品を厳選して紹介しています。

下記のランキングを参考にして、諦める前にまずは育毛剤を試してみて下さい^^


ナノインパクト100
ナノインパクト100 評価

ナノサイズの有効成分が毛根深くまで浸透します

配合されているPLGAナノカプセルは超微細の140nm(ナノメートル)を実現しています。毛穴の大きさの200万分の1サイズのPLGAナノカプセルが皮脂の汚れをすり抜けて、毛根深くまで確実に内包成分を運んでくれます。今まで育毛剤の効果を実感できなかった方にもおすすめです。

チャップアップ
チャップアップ 評価

返金保証付!AGA関連医師から高評価を得ている育毛剤

AGA関連医師100人を対象にした調査結果では「満足度が高い育毛剤」「抜け毛が減る育毛剤」「副作用がない・少ない育毛剤」3部門において第1位を獲得しています。第三者機関による商品検査の実施やカスタマーサポート体制の充実など、安心して使用することができます。

プランテル
プランテル 評価

M字ハゲに特化した育毛剤

プランテルはM字型薄毛専用の育毛剤として開発された商品です。A-DHTホルモン理論によってテストステロンを狙い撃ちをして、5α-リダクターゼと結びつくのを抑えることでM字型薄毛を改善させる効果が期待できます。初回購入者限定で30日間の全額返金保証が付いているので安心です。







薄毛の症状が中程度まで進行している方や、育毛剤を使用しても症状が全然改善しない場合はAGAクリニックで徹底的に治療することをお勧めします。

最近では育毛剤を購入する金額で気軽にAGA治療が受けられるクリニックも登場しています。

<< 詳細はこちら


 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿